カナダ・ワーキングホリデー(IEC)2019年度募集分受付開始!

ワーキングホリデーで働く!皆さん、こんにちは!

カナダ格安留学サポーターです♪

本日はワーキングホリデービザに関する最新情報をシェアさせていただきます!

(すでに2018年のうちにワーキングホリデービザでのカナダ滞在許可証を取得されている方は、以下、参考までにお読みいただければと思います。)

カナダ・ワーキングホリデー・プログラム (IEC) 2019年度募集受付け開始!

ついに!!

2019年のワーキングホリデービザ・抽選プール登録受付がオープンしました。

2018年12月5日、カナダ移民局よりカナダ・ワーキングホリデー(IEC) 2019年度募集受付け開始の公式アナウンスがありました。

現在、すでに抽選プールがオープンしております。

定員は2019年度分も変わりなく「6,500」となっています。

Rounds of invitations – International Experience Canada Schedule for the 2019 season

カナダのワーキングホリデー制度&ビザ申請手順について

カナダのワーキングホリデー概要や制度についてあまりご存じない方は、下記のリンク先ページをチェックしてみましょう!

カナダのワーキングホリデー制度って?

ワーキングホリデービザの申請手順や大まかな流れについて知りたい方は、下記のリンク先ページをチェックしてみましょう!

カナダのワーキングホリデービザ申請手順をご紹介!

ワーキングホリデービザ・学生ビザの申請は今年のうちに!

もし、現段階でまだワーキングホリデービザの申請作業がお済み出ない場合は、是非お早めの申請作業をおすすめします!

★早めにビザ申請登録した方がよい理由:

1. カナダ・ワーキングホリデー受付け開始後、しばらく混乱が起きる傾向にあります。

近年、カナダのワーキングホリデー受付け開始後の1カ月~2カ月間はシステムエラーが起きたり、抽選自体が長期間行われなかったりしており、この数年は行きたい時期に行けない方が続出しました。 

念のため、今回もその状況を想定して、1日でも早く申請作業をしておくことが望ましいです。

2. バイオメトリクス(指紋登録&顔写真撮影)が導入されます。

2018年12月31日より、今までは不要だった、バイオメトリクスが導入されます。

●バイオメトリクスとは?

Facts about biometrics

●Youtube動画でチェック!
Biometrics: Making travel easier while keeping Canada safe.

12月末日以降にワーキングホリデーや学生ビザ申請をする方は、バイオメトリクス登録が必須となりますので、指紋登録&顔写真撮影のためだけに、東京(港区)にあるビザ・アプリケーション・センター(VAC)に事前予約の上、足を運ぶ必要が出てきてしまいます。

当然、予約が殺到すれば、暫くバイオメトリクスの登録順番待ちとなり、数カ月単位で待たされるような事態になりかねません。

また、ビザ・アプリケーション・センター(VAC)は東京にしかありませんので、関東以外の地域にお住いの場合、バイオメトリクス登録のためだけに東京にまで足を運ぶことになってしまいます。

3. 今なら、まだバイオメトリクス登録は不要です!

日本国籍の方向けのバイオメトリクスの本格導入は、2018年12月31日以降の予定です。

Find out if you need to give biometrics

Select the country code that matches the one on your passport. : JPN (Japan)

Answer: You don’t need to give your biometrics right now.
If you plan to study, work, or live permanently in Canada
Starting December 31, 2018, you’ll need to give your biometrics when you submit a new application for:
a study permit
a work permit

上記のカナダ移民局サイトの内容を見ると、ワーキングホリデービザ、学生ビザのいずれの申請についても、今のうちに申請作業を終えておけば、わざわざビザセンターにバイオメトリクス登録のためだけに行く必要がないということです。

さらに、バイオメトリクスの登録に際しては、登録手数料として「85カナダドル」の支払いが必要となります。

移動交通費+登録手数料が掛かってしまう点からも、これまでよりも出費が増えるということになる点も痛いところです。

2018年内にワーキングホリデービザ申請をする場合の注意点:

2018年12月5日にワーキングホリデー抽選プールがオープンしたばかりのため、年内に申請作業をスタートしても、カナダ移民局の抽選のペースや当選確率設定次第では抽選待ちの状態が暫く続き、招待レターの発行は来年以降になる可能性があります。

(*抽選にパスしても、招待レター(Invitation)が年明けに届いた場合は、バイオメトリクス登録が必要になるはずです。)

ワーキングホリデービザ申請作業をするためには、下記のビザ申請に必要な書類データを全て揃えないといけません。

(*抽選にパス→招待レター(Invitation)が届く→ その後の書類データをアップロードする段階に下記の書類データが必要となります。)

■カナダ・ワーキングホリデービザ申請時に必要な書類:
  • Family Information Form (IMM5707)
  • 英文履歴書(CV / Resume)
  • パスポート (Passport)
  • 顔写真 (Photo)

2018年内に学生ビザ申請をする場合の注意点:

カナダの語学学校やカレッジなどで6カ月を超える就学予定の場合、学生ビザの事前申請が必要です。

2018年12月31日以降、学生ビザ申請者もワーキングホリデービザ同様、バイオメトリクス登録の対象となります。

そのため、今のうちに学生ビザの申請作業を開始することができれば、バイオメトリクス登録は不要となります。

ただし、学生ビザ申請作業をするためには、下記のビザ申請に必要な書類データを全て揃えないといけません。

■カナダの学生ビザ申請時に必要な書類:
  • パスポート (Passport)
  • 入学許可書(Letter of Acceptance)
  • 英文残高証明書(Proof of Means of Financial Support)
  • 顔写真 (Photo)
  • 就学許可申請フォーム(imm1294e)

逆に、これらのデータを早々に揃えることができれば、2018年内に申請作業を終えることができるため、学生ビザ申請書類の提出が間に合わせることも今なら可能です。

この中では、入学許可書と英文残高証明書を準備するのに、最低でも「1週間~10日間」は見ておく必要があります。

*カナダ格安留学サポーターでは、6カ月を超える就学プランをお申込みの方の場合、学生ビザ申請代行は「無料」で行っております!

★カナダ格安留学サポーターでは、ワーキングホリデービザ申請代行を受付けております。

代行手数料は、下記の通りです。

  • ワーキングホリデービザ申請代行手数料:10,800円(税込)

*ワーキングホリデービザ申請のみの代行料は上記の価格となりますが、「8週間以上の語学学校通学プラン」をお申込いただいた場合は、ビザ申請代行料は「無料」となります!

まだ手続きをしていない方は、年内にお申込手続きを終えましょう!

学生ビザの場合は、入学許可書が申請時の提出必須書類に含まれるため、事前に通学する学校とプログラムを決める必要があります。

特に、まだ留学プランを検討中の方で、2019年6月30日頃までに6カ月以上の通学予定の方であれば、上記のバイオメトリクスのことも加味した場合、

遅くとも、2018年12月15日(土)ごろまでに

通学プランを決定しておいた方がよいかと思います。

カナダの語学学校の半数以上が、年替わりのタイミングで授業料の値上げを行うケースがほとんどで、来年度料金も総じて値上がりする傾向にあります。

2019年1月1日以降の申込みになった場合、2018年内に申込みをするよりも授業料などの留学費用が高くなるため、2018年度の据え置き価格で申込みができれば、当然差額分が浮くということになります。

加えて、年内申込みで有効な学費割引キャンペーン・プロモーションオファーがカナダの各学校から出ているので、これらを併用すれば、

大幅に留学費用を節約することができます!

そもそも、学生ビザ申請が必要な方は通学期間が6カ月を超えるため、同じ授業料でも2018年内に申し込むのと、2019年になってから申し込むのとでは、大幅にその差が出ることになります。
当然、通学期間が長ければ長いほど、その価格差のインパクト(数十万円単位の差が出ることも)は大きくなることは言うまでもありません!

現在、割引プロモーションオファーが出ている学校は以下のリンク先ページからチェックすることができます!

カナダの人気語学学校より~学費割引プロモーションのお知らせ!

★まとめ

  • カナダ・ワーキングホリデー・プログラム(2019年度)募集分の受付開始!
  • 2019年度のワーキングホリデー募集定員は、変わらず「6,500」名!
  • 2018年12月31日以降のビザ申請受付け分からバイオメトリクス登録が必須!
  • バイオメトリクス登録を避けたい場合は、今のうちにビザ申請をスタートした方がよい!
  • カナダ移民局のペースによっては、2019年に年越ししてしまう可能性も!
  • 特に、通学予定期間が6カ月を超える人は、2018年内に申込みした方が断然お得に!