コロナ禍でカナダ入国前後に必ずやるべきこと

コロナ禍でカナダ入国前後に必ずやるべきこと

2022年6月20日の時点では「学生ビザを事前に申請して入国許可書を取得している人」/「ビジター(eTA:ビザ免除)の人(観光目的もOK)」/「ワーキングホリデーの入国許可レター (POE Letter)を保有している人(ジョブオファーなしでOK)」で、加えて「ワクチン接種(原則2回以上)完了している人」であれば、待機や隔離なくカナダへの入国が許可されています。

【重要】2022年1月15日以降、ワクチン未接種者のカナダ入国は「原則NG」となっています。くれぐれもご注意ください。

以降にご紹介するプロセスは、今後の新型コロナウィルス感染症の影響次第で不要となる可能性があるため、カナダ出発に際しては、必ずカナダ政府発表の最新の情報を確認した上で渡航計画を立てるようにしてください。

現時点でカナダに入国できる方法については、以下のページを合わせてチェックしてみてください。

カナダに出発する前とカナダ到着後の流れについて

現在のコロナ禍においてはカナダ政府指定隔離ホテル予約」「カナダの空港到着時PCR検査事前予約」「ワクチン接種証明の取得(英文/仏文)」「出発前PCR検査」「ArriveCANアプリ登録」など、カナダ入国までに必ずやっておかないといけないことが多々あります。

現時点(2022年6月20日)では以下のように「日本出国前」⇒「カナダ到着直後」⇒「カナダ到着後」の流れをクリアする必要があります。

出発前に必ずしておくべきこと

  • ワクチン接種予約→ワクチン接種(原則2回以上)→ワクチン接種証明書(英文/仏文)取得
  • カナダ行きフライト予約
  • カナダ到着時の空港PCR検査予約(*ご注意:2022年6月20日時点では、空港到着時のランダムPCR検査は一旦停止されているため検査不要となっています。)
  • 出発前PCR / 抗原検査(英文陰性証明書)(*ご注意:2022年4月1日以降カナダに到着予定の場合「出発前検査&陰性証明書が不要」となります。ただし、経由便を利用する場合は経由国の検査ルールに従う必要があるため、第3国経由でのカナダ入港予定の場合はくれぐれもご注意ください。)
  • 『ArriveCAN』アプリ登録&必須項目の入力
ワクチン接種予約→ワクチン接種→接種証明書取得
ワクチン接種予約(1回目)を取ります。
2回目のワクチン接種がいつになるかを確認し、2回目の接種予約を取ります。
2回目の接種を終えたら、各自治体の窓口にて「ワクチン接種証明書(英文)」を申請します。
(3回目の接種ができる人は、3回目も完了しておくことが望ましい)

*ご注意:カナダに「隔離なし」で入国するためには「2回目のワクチン接種から14日以上が経過していること」が条件となります。
Covid-19 Vaccination
カナダ行きのフライト予約
到着予定日が決まれば、カナダ行きのフライトを予約します。

*ご注意:2022年4月1日以降カナダに到着予定の場合「出発前検査&陰性証明書が不要」となります。
ただし、経由便を利用する場合は経由国の検査ルールに従う必要があるため、第3国経由でのカナダ入港予定の場合はくれぐれもご注意ください。
政府指定ホテル予約(不要)

*ご注意:2021年8月9日以降「政府指定ホテル3日間隔離」が撤廃されたためこの工程は不要

COVID-19 mandatory hotel stopover: Booking and list of government-authorized hotels
カナダ到着時の空港PCR検査予約
2022年6月20日現在、ワクチン接種の有無にかかわらず、カナダ到着時の空港PCR検査(Day1)がランダムで実施されていましたが、今後は空港でのランダム検査はなくなる予定です。
出発前PCR検査予約~検査実施~陰性証明書発行
自費によるPCR検査を実施しているクリニックでPCR検査予約をして、PCR検査を受けます。
*ご注意:2022年4月1日以降カナダに到着予定の場合「出発前検査&陰性証明書は不要」となります。
ただし、経由便を利用する場合は経由国の検査ルールに従う必要があるため、第3国経由でのカナダ入港予定の場合はくれぐれもご注意ください。
『ArriveCAN』アプリ登録&必須項目の入力
『ArriveCAN』アプリをダウンロード、もしくは、ウェブサイトからアカウントを作成し、個人情報やフライト情報、ワクチン接種証明、新型コロナウィルスの症状有無のチェック、出発前事前PCR検査陰性証明、自己隔離プランなど、必要事項をすべて入力します。

カナダ到着予定の72時間前を切ってから入力が可能となります。
(『ArriveCAN』アプリは以下のリンク先からダウンロード&インストール可能)

『ArriveCAN』for iPhone
『ArriveCAN』for Android

現状のコロナ禍でカナダに留学するためには、出発前にこれらのプロセスをこなす必要があり、いずれのプロセスも欠くことはできません。

また、これらの手続きに関するそれぞれの注意点や詳細情報について、以下に項目ごとにまとめてみました。

ただし、これから先の新型コロナウィルスを取り巻く環境や入国規制緩和状況次第で大きく変わる可能性があることを十分に理解した上で、読み進めてもらえればと思います。

出発前(日本での)PCR検査&陰性証明書について(カナダへ直接入国する便の場合、2022年4月1日以降は事前検査不要!)

PCR test image

カナダ到着予定フライト出発時刻の「72時間前以降」にPCR検査を受け、新型コロナウィルス陰性証明を発行してもらわないとカナダ行きのフライトに搭乗することができません。
*ご注意:2022年4月1日以降カナダに到着予定の場合「出発前検査&陰性証明書が不要」となります。
ただし、経由便を利用する場合は経由国の検査ルールに従う必要があるため、第3国経由でのカナダ入港予定の場合はくれぐれもご注意ください。


2022年4月1日以降でも第3国を経由するフライトでカナダに向かう予定の人で、経由国が事前検査必須の場合に限っては、予めPCR検査を実施しているクリニックなどで目的(海外渡航用)を伝えた上で検査を済ませた後に、英文陰性証明書を発行してもらう必要があります。

カナダ入国後のPCR検査について

Self Isolation Image
ワクチン接種済みの場合(原則2回)

2022年6月11日以降、ワクチン接種済み(2回以上)であれば、カナダ到着時の空港でのランダムPCR検査は不要となっています。

ワクチン未接種の場合(1回のみ接種を含む)
*2022年1月15日以降は入国不可

ワクチン未接種の人がナダに入国するためには、カナダ入国時のPre-Registerカウンターでのチェックイン(入国審査)を済ませた後、空港内の検査会場でPCR検査を受ける必要があります。

【重要】2022年1月15日以降、ワクチン未接種者のカナダ入国は「原則NG」となっています。くれぐれもご注意ください。

検査場で「Home Test Kit(隔離8日目の検査用キット)」を受け取ります。
空港での1回目の検査結果は数日後にArriveCAN / Eメールなどで通知されます。

入国後の自己隔離について

Stay home image
ワクチン接種済みの場合(原則2回)

2021年9月7日以降「ワクチン接種済み(原則2回)」であれば、原則として「自己隔離が免除」となっています。

ただし、空港到着時のPCR検査を命じられた際に検査結果が「陽性」であった場合は、隔離向けの指定ホテルや入院などが必要となる可能性があり、原則として陰性になるまで隔離と保健所からの経過観察が続きます。
そのため、ワクチン接種を終えていたとしても、7-10日間程度の自己隔離が可能なアコモデーション(宿泊先)を確保しておくことが推奨されています。

ワクチン未接種の場合(1回のみ接種を含む)
*2022年1月15日以降は入国不可

【重要】2022年1月15日以降、ワクチン未接種者のカナダ入国は「原則NG」となっています。くれぐれもご注意ください。

自己隔離用の宿泊先はどのようにアレンジすべき?

自己隔離が必要な場合の隔離先としては、主に通学予定の学校や現地サポートセンターが管理する隔離に対応したホームステイやホテル / Airbnb などのアコモデーションに宿泊するプランが望ましいです。

学校が手配する自己隔離向けのホームステイ先やホテルタイプの自己隔離用にアレンジされた宿泊施設は自己隔離を前提としたプライベートルーム(シングルルーム)での毎日3食の食事の提供、Wi-Fiなどの通信環境が整っています。

何かあった時の対応も担当スタッフが行ってくれるため、自己手配するよりもずっと安心で安全な方法です。

【重要】2022年1月15日以降、ワクチン未接種者のカナダ入国は「原則NG」となっています。くれぐれもご注意ください。

『ArriveCAN』アプリの登録&必要項目の入力

現在、カナダではすべての海外からの訪問者に対して『ArriveCAN』への事前登録を義務付けています。

新型コロナウィルス・パンデミックの流行以降『ArriveCAN』登録が必須となっていて、パーソナル・インフォメーション(名前、生年月日、メールアドレス、ビザナンバー)や到着フライト情報、新型コロナウィルス症状の有無、ワクチン接種証明書のアップロード、滞在先に関する詳細情報などを入力する必要があります。(*カナダ到着予定の72時間前以降から入力が可能)

自己隔離が必要なケースでは、カナダ到着後に「ArriveCAN Notification」が届くので、アプリを開いて到着報告を行います。
自己隔離が無事に終了するまでは、毎日健康状態の報告を『ArriveCAN』を通して行うことになります。


2022年6月20日時点では、一定の条件やプロセスをクリアすることでカナダ入国をほとんどのケースで認めてくれる環境にあり、さらなる規制緩和が行われる見通しです。
そのため、原則ワクチン接種済みでカナダ渡航を前向きに検討したいという方がいたら、是非遠慮なくご相談いただければと思います。

ワクチン接種をはじめとして、クリアにしないといけない点がまだ少しありますが、状況は日々よくなってきていることに疑いの余地はありません。

新型コロナウィルス流行期以前のような状態に戻るまであともう少しのところまで来ています。
カナダや日本を含む世界的なワクチン接種や治療薬の開発が進む中で、これから先の見通しは明るいと信じて疑いません。

カナダ入国に際しては「ワクチン接種を終えているか否か」が最大のポイントになりますので、ワクチン未接種の方でこの先カナダ留学を検討しているという人は、できるだけ早い段階でワクチン接種(最低2回)を済ませることが推奨されます。

2022年内にカナダ留学を検討している方にとっては、以前よりも前向きに準備を始めるタイミングに来たと思います。
これから先はより具体的に渡航プランを是非一緒に考えていければと思っています!

いつでもあなたの夢の実現を後押しする準備をしてお待ちしております。
是非お気軽にお声がけください!