ビザ申請を伴うカナダ留学を検討中の方へ(バイオメトリクスについて)

バイオメトリクス(カナダ移民局)2019年1月以降、日本でも『バイオメトリクス(Biometrics)』(個人識別情報)が導入されました。

今後、学生ビザやワーキングホリデービザ申請を伴う形でカナダ渡航予定の方は、バイオメトリクスに関しての知識を深めておきましょう。

2019年にビザ申請を伴うカナダ留学プランを検討中の方へ(バイオメトリクスについて)

2019年1月から、これまで不要だった『バイオメトリクス(VACでの指紋登録&顔写真撮影)』が必須化されました。

今後、6カ月以上の通学プランやワーキングホリデーなど、ビザ申請を伴う中長期間のカナダ滞在を考えている人はくれぐれも注意が必要です。

★6カ月以下のカナダ滞在予定の方へ(ビザ免除の場合)

カナダは、6カ月までの滞在であれば、例え語学留学に通学するプランであっても【ビザ免除】となり『ビザ申請不要』です。(*eTA登録は必須)

パスポートは当然必要ですので、パスポートの有効期限が十分にあるかだけは今のうちにチェックしておきましょう。

★6カ月以上滞在予定のビザ申請を伴う留学プランを検討中の方

6カ月以上の語学留学やワーキングホリデーでの滞在を考えている方は、なるべく早い段階でアクションを起こした方がよいです。

ビザ申請が必要な場合、それぞれのビザ申請に必要な書類や審査の期間などを考慮する必要があります。

2019年1月1日以降にビザ申請が必要な場合は、バイオメトリクス(指紋採取&顔写真撮影)登録が必須となり、東京(港区)のビザアプリケーションセンターまで足を運ぶことになります。

関東エリアにお住いの方であればまだよいのですが、それ以外の地域にお住いの方には非常に面倒なステップとなります。

通常、ビザ申請作業開始からカナダ入国許可書を取得するまでの期間は、経験上『4~8週間』程度です。

しかしながら、

2019年1月以降のバイオメトリクスの導入により、ビザセンターの混雑状況やいつ行くかなども考慮する必要が出てきますので、早め早めにアクションを起こすことが重要となってきます。

そもそも、バイオメトリクス(個人識別情報)って何なの?

日本のパスポートを所有している方で、6カ月を超える滞在(ワーキングホリデー・語学留学・大学進学など)を予定している場合は事前のビザ申請が必要となります。

2019年1月1日以降にビザ申請を必要とするカナダ滞在プランの方は、バイオメトリクス呼ばれる『指紋登録』および『顔写真撮影』を、東京にあるVAC(ビザ・アプリケーション・センター)にて行う必要があります。

日本を含むアジア圏では、2018年12月31日までこの「バイオメトリクス」は不要でしたが、今後は日本国内から各種のビザ申請が必要な方は皆、このバイオメトリクスを経てからカナダに渡航することになります。

以下のカナダ移民局サイトにバイオメトリクスについての記述があります。

バイオメトリクスについて・カナダ移民局サイト

また、バイオメトリクスの具体的な流れは、下記の動画で確認することが可能です。

バイオメトリクス登録が必要なケースとは?

6カ月以下であれば、ビザ免除となりパスポートのみで滞在が許可されるため、バイオメトリクスは不要です。

バイオメトリクス登録が必要な対象者は、主にこれから以下の各種ビザ申請を要する方です。

  • 学生ビザでカナダに滞在予定の方
  • ワーキングホリデービザでカナダ滞在予定の方
  • その他のビザでカナダ滞在予定の方

*2018年内にすでに滞在許可証を取得している方は、バイオメトリクス登録の対象外となります。

日本国内でバイオメトリクス登録ができる場所は?

今のところ、東京(港区)にあるVAC(ビザ・アプリケーション・センター)のみとなっています。

*今後、大阪や名古屋などの主要都市にビザアプリケーションセンターが設置される予定はまだありません。

バイオメトリクス登録料は?

学生ビザもワーキングホリデービザも、MyCICアカウントからオンライン申請を行いますが、各ビザの申請手数料を支払う決済画面で、クレジットカード決済にて支払うことになるようです。

バイオメトリクス登録手数料は、その他の申請料と共に「85カナダドル」チャージされます。

バイオメトリクスの有効期限は?

基本的には、10年ごとに1回登録が必要です。

10年も滞在しないワーキングホリデーや語学留学の方であれば、ほぼ1度だけで済む作業になります。

How often you need to give your fingerprints and photo

Visitor visa, study and work permit applicants
You only need to give your biometrics once every 10 years. You don’t need to give your biometrics again until the 10-year period expires.

If you gave biometrics in the past as part of an application for a visitor visa, work or study permit and they’re still valid, you don’t need to give them again.

学生ビザの場合:

★バイオメトリクスが必須です。

ビザ申請作業開始からカナダへの入国許可レター取得までは、2~3カ月程度掛かる可能性を想定しておく必要があります。

学生ビザを申請するには、通学予定の学校の入学許可書(Letter of Acceptance)や英文残高証明書が必要です。

目的や予算に応じて「どの都市の、どの学校に、どのくらい通学するか。」など、早々にご相談いただくことをおすすめします。

ワーキングホリデービザの場合:

★バイオメトリクスが必須です。

ただし、2018年のうちにワーキングホリデービザでのカナダ入国許可を取得できている人は、PoEレター記載の有効期限内にカナダへ入国すればバイオメトリクスは不要です。

以下は、カナダ移民局サイト(IRCC)にアップされているアプリケーションプロセス(PDFファイル)です。

IEC-International Experience Canada Application Process (PDF)

(*ステップ6と7は日本人の場合は不要。)

今までは、カナダ・ワーキングホリデープログラム(IEC)申請ステップの9番目にある、クレジットカードでの申請料金の支払いを終えると、その直後から審査待ちとなっていましたが、現在は、このあとに10番目のステップとして「バイオメトリクス」が入っています。

ステップ9の支払いを終えたあとに、カナダイミグレーション(IRCC)からバイオメトリクスについての案内が届き、30日以内にバイオメトリクス登録を済ませることになります。

東京にあるVAC(ビザ・アプリケーション・センター)に予約を入れて、直接VACに訪問する必要があるため、バイオメトリクス登録を終えるまでに、1~4週間程度は掛かると考えておきましょう。

その後の審査も「最大で【56日間】掛かる。」とありますので、少なく見積もっても、ビザ申請作業開始から入国許可証取得までに「2~3カ月」程度は掛かる計算になります。

特に、東京近郊にお住いでない方の場合は、東京へ行く日程を確保しないといけません。

VAC(ビザアプリケーションセンター)は、土日・祝日がお休みとなりますので、平日で日程と時間調整を行わないといけない点も少々厄介です。

予約状況をよく確認して、予約できる日に東京へ行けるよう、事前の調整をする必要があります。

★まとめ

  • 2019年より学生ビザ、ワーキングホリデービザなどでカナダ滞在予定の場合、事前のバイオメトリクス認証が必須となった。
  • バイオメトリクス(個人識別情報)とは、指紋認証と顔写真撮影登録をすることである。
  • 日本でバイオメトリクスを受けられる場所は、東京・港区にある『VAC(ビザアプリケーションセンター)』のみである。
  • バイオメトリクスを受けるには、ビザ申請の流れの中で事前予約を取った上で、VAC(ビザアプリケーションセンター)で直接足を運ぶ必要がある。
  • バイオメトリクス登録は事前予約制となるため、ビザ申請開始から入国許可レター取得までの所要期間は、最低でも「2~3カ月以上」を持たせた方がよい。
  • バイオメトリクス登録料は『85カナダドル』必要である。
  • バイオメトリクスの有効期限は、10年間である。

バイオメトリクス登録の具体的な流れを以下のページで紹介しています!

バイオメトリクス予約から登録までの流れ