カナダ留学タイプ別費用(予算)を知ろう!

カナダ留学タイプ別費用(予算)を知ろう!

一口にカナダ留学と言っても、短期留学や中長期の語学留学、専門カレッジ留学など、滞在タイプは人により様々です。
ここでは、それぞれの留学タイプ別の大まかな費用(予算)を紹介していますので、是非参考にしてみてください。

短期語学留学(1カ月~3カ月)の場合の費用(予算)イメージ

留学タイプ別費用(予算)1

カナダで短期留学するとどのくらいの費用が掛かるの?

カナダに1~3カ月間の短期留学をした場合の総費用はおおよそ以下のイメージです。

  • 1カ月間(4週間)の場合:約30~40万円
  • 2カ月間(8週間)の場合:約55~65万円
  • 3カ月間(12週間)の場合:約70~80万円

通学する語学学校やプログラム/コースの時間数、カナダまでの航空券代金、海外保険料、宿泊方法、交通費やお小遣い、お申込み時の為替レートや割引キャンペーン適用の有無などにより異なります。

以下はバンクーバーとトロントにキャンパスがある人気校『ILAC(アイラック)』に通学した場合の費用例です。

ILAC(アイラック)に短期語学留学(1カ月~3カ月)した場合の例:

学校名 (例:ILAC) 1カ月(4週)2カ月(8週)3カ月(12週)
入学金160160160
授業料(一般英語:30L/週)1,4802,9604,260
▼10% Off ディスカウント適用-148-296-426
テキスト代606060
ホームステイ手配料250250250
ホームステイ宿泊費(3食付)9001,8002,700
空港ピックアップ代120120120
交通費(定期代)100200300
お小遣い、交際費200400600
通信費(スマホ代など)50100150
総合計(カナダドル)$3,172$5,754$8,174
総合計(日本円)$1=80円の場合253,760円460,320円653,920円
授業料は、ILACの一般英語:インテンシヴ・イングリッシュ(30レッスン/週)で計算しています。
*ホームステイは、シングルルーム(3食付/日)プランとなります。
*交通費は、通学定期代が1カ月あたり「$100」と仮定して計算しています。
*お小遣い、交際費は1カ月あたり「$200」使ったと仮定して計算しています。
*通信費(スマホ代など)は、1カ月あたり「$50」使ったと仮定して計算しています。

これら以外に必要な費用としては、カナダ⇔日本間の往復航空券代金、海外保険料などがあります。
航空券代金はディスカウントチケットなどを購入し、海外保険に関しても「3カ月までの短期留学」の場合はクレジットカード付帯保険などでカバーすることが可能であれば、留学にかかる総費用を一定レベルでセーブすることができるはずです。

夏休み期間(7月中旬~8月下旬出発)にカナダへの短期語学留学を検討されている方は、なるべくお早めにお手続きされることをおすすめします
その主な理由は以下のとおりです。

  • フライトが混雑する!・・・
    カナダへの渡航者が最も多いピークシーズンは、日本の学生が夏休みに入る【7月中旬~9月上旬】です。

    夏のピークシーズンはカナダ行きのフライトが早い段階で満席になったり、日程が近づくにつれ航空券代金が見る見るうちに高騰しますので、航空券代金をセーブ(節約)するためにも、出発予定日の3カ月前までに予約手配することをおすすめします。
  • 学校が入学制限を設ける!・・・
    7月~8月に掛けての夏休みシーズンには、世界中から短期留学滞在者が訪れるため、かなり早い段階から入校制限を始める語学学校もあります。

    そのため、夏休み期間中に短期留学を検討されている方は、4~5月ごろか、遅くとも、6月ごろまでには通学プランを決めてお手続きを始められることをおすすめします。
  • ステイ先が満室になる!・・・
    7月~8月に掛けてのシーズンは、宿泊先も早い段階で埋まってしまう(満室になる)ことがあります。

    カナダの主要都市でホームステイをする場合なら、比較的軒数が多いためアレンジもしやすいですが、ホームステイ以外の寮施設、学生ハウスや学生レジデンスなどは早々に(2月~5月ごろまでに)埋まってしまいますので、宿泊先アレンジ面からも早期のご相談、お申込みをおすすめします。

中長期語学留学(6カ月~1年間)の場合の費用(予算)イメージ

留学タイプ別費用(予算)2

カナダで中長期間の語学留学をするとどのくらいの費用が掛かるの?

カナダに半年~1年間語学留学をした場合の総費用はおおよそ以下のイメージです。

  • 半年間(24週間)の場合:約130~150万円
  • 9カ月間(36週間)の場合:約180~200万円
  • 1年間(48週間)の場合:約230~250万円

通学する語学学校やプログラム/コースの時間数、カナダまでの航空券代金、海外保険料、宿泊方法、交通費やお小遣い、お申込み時の為替レートや割引キャンペーン適用の有無などにより異なります。

以下はバンクーバーとトロントにキャンパスがある人気校『ILAC(アイラック)』に通学した場合の費用例です。

ILAC(アイラック)に中長期語学留学(半年~1年間)した場合の例:

学校名 (例:ILAC) 6カ月(24週)9カ月(36週)12カ月(48週)
入学金160160160
授業料(一般英語:30L/週)8,04011,70015,120
▼10% Off ディスカウント適用804-1,170-1,512
テキスト代606060
ホームステイ手配料250250250
ホームステイ宿泊費(3食付)5,4008,10010,800
空港ピックアップ代120120120
交通費(定期代)6009001,200
お小遣い、交際費1,2001,8002,400
通信費(スマホ代など)300450600
総合計(カナダドル)$15,326$22,370$29,198
総合計(日本円)$1=80円の場合1,226,080円1,789,600円2,335,840円
授業料は、ILACの一般英語:インテンシヴ・イングリッシュ(30レッスン/週)で計算しています。
*ホームステイは、シングルルーム(3食付/日)プランとなります。
*交通費は、通学定期代が1カ月あたり「$100」と仮定して計算しています。
*お小遣い、交際費は1カ月あたり「$200」使ったと仮定して計算しています。
*通信費(スマホ代など)は、1カ月あたり「$50」使ったと仮定して計算しています。

これら以外に必要な費用としては、ビザ申請に関わる諸費用、カナダ⇔日本間の往復航空券代金、海外保険料などがあります。
航空券代金はディスカウントチケットなどを購入し、海外保険をなるべくリーズナブルなプランにするなどの工夫をすることで、留学にかかる総費用を一定レベルでセーブすることができるはずです。

カナダ留学費用を抑えるために知っておきたい節約術!

半年間~1年間の語学留学プランの場合、授業料や生活費などを含めると、おおよそ月あたり【15~20万円】の予算を見積もっておく必要がありますが、次に挙げるような工夫をすることで留学に掛かる総費用を少しでもセーブすることができるはずです!

カナダ留学節約 Tips

  • フライト手配はお早めに!・・・
    渡航予定日を早めに決めることができる方なら、航空券を早めに予約することで早期割引チケットやディスカウント・チケットを購入することができるケースが多々あります。

    また、エアカナダなどの直行便ではなく、香港や台湾などの航空会社経由便を利用することで、フライト代金を大幅にセーブできることがあります。

    ただし、ピークシーズン(繁忙期)はもともとの航空券代金が高い傾向にあるため、合間の比較的スローなオフピークシーズン(閑散期)に渡航計画を立てることにより、航空券代金の節約につながります。

    夏休みシーズン(7月半ば~9月上旬)やゴールデンウィーク(4月下旬~5月上旬)、クリスマスや年末年始(12月半ば~1月上旬)などの一般的な休暇シーズンを避けさえすれば、早期手配とプラスアルファで航空券代金を大幅に節約することも可能です!
  • 学費割引キャンペーン/プロモーションを見逃すな!・・・
    カナダにある多くの語学学校では、定期的に授業料の割引オファー(割引キャンペーンやプロモーションなど)を出しています。

    通年でプロモーション用の割引適用ができる学校もありますが、期間限定でオファーを出してくる学校もあります。

    通学希望の学校が割引きオファーを出しているタイミングでお申込みされた場合、通学期間によっては割引プロモーション適用外の期間と比較すると10万円単位の節約になることもあります。
  • カナダ渡航後すぐの宿泊は【ホームステイ】にすべし!・・・
    3カ月間を超える滞在プランの場合であれば、最初の1~2カ月間をホームステイにして、その後の宿泊先は現地で最初の1~2カ月間のホームステイ滞在中に探す方法が最もおすすめの方法でもあり、そうしている方が現実的にも多いです。

    ホームステイは毎日2食/3食食事が提供され、ご自身のプライベートルームがあるシングルルームタイプが基本です。

    宿泊費用の節約という観点からも、このような条件で1カ月間のホームステイ代金は平均的に「900~950カナダドル」ということですから、最も安く、安全で快適な宿泊方法と言えます。
  • 中長期滞在プランならホームステイ⇒シェアハウス/ルームシェアへ!・・・
    3カ月オーバーの滞在予定の方は、短期留学と違って次の住まいを見つけ次第、引越すということが一般的に行われています。

    ホームステイ期間中にシェアハウスやルームシェアを探すことで、さらなる生活費の節約が可能になるケースが多々あります。

    特に、2人一部屋や3人一部屋などの設定があるシェアハウスの場合であれば、月額レント代(賃料)が「500ドル以下」ということもあるでしょう。

    シェアハウスには共同キッチンがあるため、毎日しっかりと自炊をして食費をセーブできるタイプの方であれば、ホームステイをしているときよりもさらに生活費を節約できる可能性が高いです!

    また、短期/長期留学に関わらず、学生ハウスや学生レジデンスなどの寮タイプの宿泊方法を望まれる方が増えていますが、実際問題として、これらの宿泊施設は部屋のキャパシティが少ない上に、ステイ代もかなり高額設定(食事なし、月あたり「1,000~1,200カナダドル」)の場合が多いです。

    そのため、予算に限りがあって総費用をなるべく節約したいという方にとっては、そもそも不向きな滞在方法と言えます。
  • 中長期通学プランが予算的に厳しい場合はワーホリで!・・・
    「中長期で通学するには予算が全く足りない・・・。」という方には、ワーホリをおすすめします。

    仕事にさえありつくことができれば、稼いだお金で生活費をカバーすることもできるため、カナダになるべく長く滞在したいけれども予算面の折り合いがつかないという場合はワーホリを検討してみるとよいでしょう!