カナダワーホリ生活モデルプラン

カナダワーホリ生活


モデルプラン

カナダにワーホリ(ワーキングホリデービザ)で滞在した場合のモデルプランです。
到着後の序盤に数カ月間語学学校に通いながら、仕事で使えるだけの英語力をしっかりと養ってから、その後、実際にカフェで働くまでの一連の流れをご紹介します。

カナダ到着初日

カナダワーホリ生活モデルプランステップ1

カナダ到着後、現地サポートセンターでの生活オリエンテーション!
カナダでワーホリ生活をスタートするにあたり必要な情報をゲット!

日本出発からの(約9~13時間)長旅を終え、いよいよカナダに到着!
空港のイミグレーション(移民局オフィス)での入国審査を無事にクリアし、空港到着エリアに辿りつくと日本人スタッフが笑顔でお出迎え。
ここでほっと一安心 (^O^)
その後、送迎専用車に乗り、ダウンタウンの中心部にあるカナダ現地サポートセンターまで向かいます。

現地ローカルサポートセンター到着後すぐに、日本人スタッフによる到着後オリエンテーションを受けます。

下記のリストに挙げるような、カナダ到着後に早めに知っておきたい街の基本情報をはじめ、ワーキングホリデービザ保持者がカナダ到着後すぐにやっておくべき事務手続きなどについての案内があります。

  • 各都市の交通機関の利用方法のご案内
  • 各都市ダウンタウン周辺主要施設のご案内
  • 市内中心部にある両替所のご紹介
  • スマホなどの購入/レンタル・SIMカードなどのご案内
  • カナダ在留届提出サポート
  • カナダのローカル銀行口座開設サポート
  • 社会保険番号(SIN:ソーシャル・インシュランス・ナンバー)申請手続アシスト

空港ピックアップは有料オプションサービスとなります。
カナダ到着曜日や時間帯により到着後オリエンテーションは別日になることがあります。
週末(土日、祝祭日)や夜の遅い時間、もしくは、早朝にカナダへ到着した場合は、空港から直接ホームステイ先へお送りする場合がほとんどです。

カナダ到着後・1~3日間

カナダワーホリ生活モデルプランステップ2

ホームステイ先到着後、英語でのワーホリ生活スタート!
到着初日は翌日以降に備えてゆっくりと体を休めよう!

それぞれの都市の求人情報が豊富に掲載さカナダ現地ローカルサポートセンターでのオリエンテーションを終え、専用車に乗りスタッフと一緒にホームステイ先へ向かいます。

ホームステイ先に到着し、いよいよホームステイ生活が始まります。

まずはホストファミリーに英語で挨拶をして、これから過ごす部屋に案内されます。

部屋で荷物をアンパックし、これらのカナダ生活に必要な衣類などをまずは整理し、ホストファミリーからハウスルールなどの説明を受ければ、いよいよここからが本格的な海外生活のスタートです!

北米は日本との時差が大きいため、時差ボケをすることもよくありますし、長旅の疲れもあるかもしれません。
初日はゆっくりと過ごして翌日に備えましょう。

Oh!役立ちメモ:ワーホリの人向けの滞在タイプ

多くの方が到着後の宿泊先として、ホームステイを選ばれます。

通常、ホームステイ先の手配は日本から申込みますが、カナダ格安留学サポーターでは、ワーホリ(ワーキングホリデービザ)で滞在予定の方へ「1カ月~2カ月間程度」のホームステイ宿泊パターンをおすすめしています。

その理由として、ホームステイ滞在期間中にシェアハウスやルームシェア先探しをして、到着後3カ月以内にホームステイからシェアハウスなどに移り住む方が実際に多いためです。

現地サポートセンタースタッフがルームシェアの探し方などもアドバイスしますので、多くの場合、2~3カ月以内に次の滞在先が見つかります。
もし、なかなか次の滞在先が見つからないときも、ホームステイの延長手続きはカナダ現地で行うことができますのでご安心ください。

語学学校・通学初日スケジュール

カナダワーホリ生活モデルプランステップ3

月曜日から英語力アップのため語学学校通学スタート!ワーホリで使える英語力をブラッシュアップするため学校へ通おう!
初日はオリエンテーション&レベルチェックテスト!

いよいよ月曜日から学校が始まります!(※通常は月曜日が登校初日。月曜日が祝日の場合は火曜日スタート。)

朝食を済ませたら最寄りのバス停(or 地下鉄駅など)に向かい、学校があるダウンタウンへを目指します。

学校に到着すると、受付スタッフに名前を告げ、初日の案内を受けます。

通常、学校初日にはクラス分けのためのレベルチェック・テストが行われます。
筆記テストやインタビューで英語レベルが判定され、スタートするクラスのレベルが決まります。

初日の午後から、もしくは、翌日の朝から本格的に授業が始まり、ここから3カ月間程度はその後のワーホリでの就業に備えるため、しっかりと英語力をブラッシュアップしていきます。

Oh!役立ちメモ:ワーホリの人の通学期間目安

カナダ渡航前によほど堪能な英語力がある方でない限り、カナダ到着直後、3~4カ月間語学学校に通学する方が大半です。

カナダのワーキングホリデービザで許可されている通学期間は、最大6カ月間となりますので、前半にしっかりと英語コミュニケーション力を養うのが一般的です。

カナダの場合、平均的に「3カ月前後」通学される方が多いですが、英語力や海外生活経験、就業経験などの有無により様々です。

ただ、やはりどこで働くにしても英語力があることが大前提となる職場が多いため、英語力に自信のない人ほどしっかりと語学学校でコミュニケーション力を伸ばすことを心がけましょう。

カナダ到着後・2~4カ月間(英語学習フェーズ)

カナダワーホリ生活モデルプランステップ4

毎日語学学校に通学!
語学学校に通学しながら段階的に英語力をブラッシュアップ!アクティビティへの積極参加も忘れずに!

ここから平日は毎日語学学校に通います!

1~2週間もすれば、カナダでの生活にも慣れ、顔見知りや友人と呼べる仲間ができ、学生生活がとても楽しくなります。
毎日しっかりと勉強し、様々な国の学生とできるだけ交流するように英語力も徐々についていきます。

クラスルームでのレッスンも重要ですが、休み時間や放課後など、授業時間外の課外活動の時間にできるだけ英語を話すようにします。
これは英語コミュニケーション力を短時間で伸ばすためのコツの一つです。

Oh!役立ちメモ:アクティビティ参加のメリット

カナダの大部分の語学学校では、放課後や週末(土日も含む)にアクティビティ(課外活動)を行っています。
周辺の有名観光スポットや美術館、博物館にみんなで一緒に出掛けたり、スポーツイベントやバーベキューなどのアウトドア・アクティビティを企画したり、インドア系のフリー英語レッスンを行ったりなど、ほぼ毎日何かしらのアクティビティが設定されています。

アクティビティに参加するメリットは以下の通りです。

  • クラスメイト以外の生徒と友だちになれる!
  • よりいろいろな国籍や英語レベルの生徒と話ができる!
  • 生徒だけでなく、先生や学校スタッフも参加することがあるため英語の勉強になる!
  • 団体割引が適用されることが多く、ディスカウント料金で施設利用やツアーに参加できる!

カナダ到着後・2~4カ月間(住まい探しフェーズ)

カナダワーホリ生活モデルプランステップ5

ホームステイ後の住い探しスタート!
語学学校通学期間中に、シェアハウス/シェアメイト探し!現地サポートセンターをうまく活用して効率よく住まい探しをしよう!

語学学校に通学している期間中ずっとホームステイで過ごすこともできますが、ワーホリ(ワーキングホリデービザ)でカナダに滞在する人の多くは長くても3カ月間程度までで、その後はホームステイからシェアハウスなどへ居を移すことはほとんどです。
早い人なら、1カ月以内、遅くとも3カ月以内に次の滞在先を見つけられていることが大半です。

部屋の探し方には様々な方法がありますが、カナダの現地ワーホリサポート付きプランで渡航されている方は、現地サポートセンタースタッフが、シェアハウスやアパートメントなどでのルームシェアの探し方や探す場所、探す際の注意事項などいろいろとアドバイスをしてくれるので、現地サポートセンタースタッフのアドバイスを受けながら、少しずつ時間を掛けて探します。

中には、語学学校で仲良くなった友だちや知人と一緒にルームシェアをしたり、ルームメイトを募集している人を紹介してもらうというケースもよく耳にします。

Oh!役立ちメモ:住まい探しの際に気を付けるべき点

多くの場合、住い探しはシェアメイト募集広告などを見て探しますが、必ず募集主の相手先の住所や連絡先などの情報をしっかりと確認してから、部屋を見に行くようにしましょう。
特に、女性の場合は友だちや学校のクラスメイトなどと一緒に見に行くようにすることをおすすめします。

カナダは治安がよいとはいえ、悪意のある人間はどこにもいるものです。
シェアメイト募集を装って近づき、その後、暴行事件やトラブルになるという事例は少なからずあります。
とりわけ、募集主が外国人男性の場合はその可能性を疑ってかかるくらいがちょうどよいです。

また、「月額家賃(自分が借主に支払う家賃)の確認」「光熱費やインターネットの通信費などが支払う金額に含まれるのかどうか」「食事代は別々かシェアにするか」など、共同生活をするにあたって最初に確認しておかないといけないことは多々あります。

これらのことを怠って、後々の金銭トラブルにならいように充分に事前確認を行うようにしましょう。

カナダ到着後・3~6カ月間(仕事探しフェーズ)

カナダワーホリ生活モデルプランステップ6

仕事探しスタート!
語学学校通学期間半ばから終盤にかけて、いよいよ仕事探しスタート!現地サポートセンターを効率よく活用して仕事をゲットしよう!

仕事探しや仕事に関する情報収集は、できるだけ早い段階から始めるに越したことはありません。

とは言え、自分ひとりで職探しをするのでは情報不足になりがちな上、相談できる相手がいないとなおさら不安になるばかりです。

語学学校に通っていると、ワーホリ(ワーキングホリデービザ)でカナダに来ている留学生に少なからず出会います。

「語学学校での友人作り」=「仕事探しのコネクション作り」

にもなり得りますので、学校生活の最中に求人情報や仕事の探し方などをシェアし合うことも重要です。

また、カナダ現地サポートセンターでのワーホリサポートサービスを上手く活用すれば、より効率的に仕事探しのための知識や情報を得ることができるため、より早い段階で仕事に就けるチャンスも広がります!

カナダ到着後・3~6カ月目以降(ワーホリ就業フェーズ)

カナダワーホリ生活モデルプランステップ7

面接~仕事ゲット~ワーホリ生活スタート!
履歴書の作成から面接を経て、ジョブハンティング成功へ!いよいよ憧れのカフェでの勤務スタート!

  • 語学学校でのレベルも中上級レベルにまで上がり、通学期間3カ月目のあたりから探していたカフェの求人募集に徹底的にアプローチ♪
  • 日本での飲食店でのアルバイト経験が活きたおかげで、2度目の面接でカナダのローカルエリアのカフェへ就職が決定♪
  • その後、週に4~5日間カフェで毎日勤務し、稼いだ給料でシェアハウスの家賃や食費、交際費を全てカバー♪
  • 休みの日には友だちや同僚とハイキングや小旅行に行くなど、充実のワーホリ生活を送る♪
  • ワーホリ最後の1カ月間、アメリカの主要都市を周遊旅行し、ワーホリ生活開始から1年後に日本へ帰国


実際に、カナダで上記のようなワーホリ生活を送られている方は少なくありません。

  • 「できるだけ高い英語力」
  • 「日本での就業経験」
  • 「ワーキングホリデービザの残存期間」

などの条件が揃っていないとなかなか思うように仕事にありつけない可能性は高いですが、裏を返せば、上記の要素が揃っていればいるほど、カナダで仕事に就くことができるチャンスが広がります。

そして、これらにも増して大事なことが・・・

「積極性」&「熱意」!!

これらの要素がある人は、上記の条件の一部が欠けていたとしても、雇用してもらえる機会は消極的なタイプに比べて遥かに増すことは言うまでもありません。

Oh!役立ちメモ:カナダで仕事を探す際の準備&心構え

カナダで仕事を探す際、以下のことを意識して準備をすることをおすすめします。

  • ワーキングホリデービザの残存期限がどれだけあるか。(※残存期間が短いと雇用してもらえないことも)
  • 自分が働きたい職場に求人募集シーズンがあるかどうか。
  • 日本での就業経験(アルバイトを含む)をできる限り詳しく伝える。
  • 英語力は高い方が有利なため、英語力を証明できる資格試験などを受ける。
  • 履歴書と一緒に提出するカバーレター/ポートフォリオで自己PR熱意を記す。